風景物語のWeblog

「風景物語」の撮影日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PENTAX ME-F

20050118203524.jpg

このカメラはジャンク品の山の中から見つけて1000円ぐらいで購入したと思う。
電池もなくレンズも無い状態だった。
その場で電池を買って動作確認して購入した訳だが、なんとLR44のボタン電池が4個も必要だった。シャッターは全域動き、1秒の動きも特別悪くなかったので購入した。
一眼レフオートフォーカスの実用としては世界初だったそうだ。
性能はというと店の人によればEOS620などと比べたら「自転車と自動車の違いはありますね」とすごい表現をされた事を覚えている。
レンズは無かったのでその性能は未だに僕は知らない。
でも、いいじゃん!と思ったのはフォーカスエイドが付いている事、F2.8以上のレンズで暗いところではダメだけど普通の撮影においてはピントが合うとアラームとLEDでフォーカスエイドが作動した。
軽量コンパクトでフォーカスエイドが付いていて特別なMEスーパーと言う感じでかなりお気に入りだった。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/18(火) 20:39:34|
  2. 思ひ出のカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮れる時に撮る!

2005年1月9日(日)
20050109210021.jpg

今日は息子の成人式、会場に送り届けた後そのまま山に向かった。
すごい雪、スキー場に向かう車両はライトを点けての走行、それ程視界が悪い。
昨日の撮影条件が恨めしい・・・・いや、言うまいて。
与えられた条件の中での撮影、「撮れる時に撮る!」。
と気合を入れるが・・・・ぐるりと昨日のコースを走り直しただけで終わってしまった・・・・・(涙)。
  1. 2005/01/09(日) 21:08:20|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鳥越村

2005年1月8日(土)
20050108183556.jpg

世の中3連休の初日・・・・しかし「稼げる時に稼ぐ」・・・「よっしゃー やり残した事、今日やるぞー」 と勇ましく会社に向かったのだが、雪の誘惑に誘われてそのまま山に行ってしまった・・・。
じっくり撮影したいがそーもいかない、デジカメでいつも撮影で走るコースを数カット撮って会社に入った。
ちょっとしたロケハン程度にしかならなかったけど雪景色を味わった。
明日はフィルムの準備も整えて撮影に出よう。
 
  1. 2005/01/08(土) 18:56:27|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PENTAX ME super

20050104144847.jpg

写真を趣味にしだすと道具にも興味が湧いてくる。
Super AのシャッターダイヤルがプッシュボタンなのはME-Superから受け継いだ物だと言うことを後から知った。
シャッターダイヤルを無くしプッシュボタンにしたのは世界初だったそうだ。
そう思うとすごい事だと感心した、きっと開発の中で論議を醸し出した事だろう。
今まで一目瞭然であったダイヤルをなくしてしまうわけでそれがちゃんとユーザーに受け入れられるのか?開発陣の心境として世界初への挑戦と共に心配であった事と思う。
その当時シャッターダイヤルをなくす事の発想なり重要性はどの程度の位置付けだったのかは僕は解らない。
でも現に今のカメラにはシャッターダイヤルはなくコマンドダイヤルになっている事からすいれば先進的な発想だったのだと思う。
プッシュボタン式に変えていった挑戦が現在の形になっているのだろう。
しかしながら新しい機能でもないのに方法を変える事は技術面以外でも大変だったと思う。

僕らの世代でHONDAのCITYという車があった、とても人気が出た。
開発エピソードでこんなのがあった。
「お偉方がズラッと居並ぶ前で、シティの試作車プレゼンテーションをした時のことです。常識はずれのカタチだから、皆さん、なかば呆れ顔でしばし無言。
こりゃとても駄目だ、キャンセルだな、と落胆した瞬間、立ち上がったお一人が発言された。
“私はこの車が分からない。もちろん買わない。でも若い連中は、これがいいと信じてあんなに真剣だ。乗る気も買う気もない人は、口出しを止めましょうや”。この一言で、“決まり!”でした。」

ダイヤルからプッシュボタンに変えたエピソードを是非聞きたい物だ。

それからこのME-Superの特筆すべき所は小ささにあったと思う、とてもコンパクトなカメラだった。
同じ機能を持つ機械を小さく出来るという事は僕は技術の高さの証明だと思う。
その小さい分ミラーショックは手に感じるのだがブレ写真が少なかった様に思う。
Super Aでも書いたがPENTAXの味付けなんだと思う。

このカメラ、新しい取り組みとコンパクトさを両立させたとても良いカメラだと思った。




  1. 2005/01/04(火) 18:48:57|
  2. 思ひ出のカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

荘川~白川

2005年1月3日(月)
20050104011210.jpg

今年初撮りである。
お天気情報も-4℃とあり気合を入れて出発!
道の駅「荘川」で一休みし夜明けと共に獲物を求めて行動開始。
初めての地なので適当に走り川沿いの唐松林を見つけたのだが
今ひとつ、気温も-4℃を保ってはいるのだが川の側でありながら
霜が見られない・・・・なんともはや恵まれない。
撮影はあきらめて「白鳥」に向かい家内と共に「満天の湯」なる
温泉に入る。なかなか良い施設で家内はご満悦。
帰りに白川郷に立ち寄り「和田家」の中をみたりしてゆっくり観光をして来た。
さてさて・・・幸先の良い撮影にはならなかったが今年1年どんな出会いがあるやら。
  1. 2005/01/04(火) 01:31:56|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

木田 宏

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。