風景物語のWeblog

「風景物語」の撮影日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PENTAX New SFX QUARTZ DATE

8811_sfxn_qd[1].jpg


世の中が殆どオートフォーカス機になっているのに僕はマニュアルカメラで頑張っていた。
ポリシーがあった訳では無い、買い換える程でもないなぁと思っていたのとお金が無かったからだ。
そんなおりカメラ店で中古でこのカメラを見つけた。
デザインは先進的で未来的なデザインだ。
映画「ターミネーター」の中でショッピングモールでシュワルツェネーガーがジョンにショットガンで撃たれ、ウィンドーにぶっ飛ぶ様を、買い物客がそのシーンをノーファインダーで連写しているシーンがあった。
映画の内容とデザインがマッチしていた様に思った。
初めて手にしたオートフォーカスに「この程度か?」と思った。
しかしグリップと操作感はまぁまぁで、リトラクトストロボがちょっと刺激的だった。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/30(水) 21:02:37|
  2. 思ひ出のカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ASAHI PENTAX SP-F

7307_spf[1].jpg

ジャンクコーナーより拾い上げたSP-F。
動作確認すると問題なかった。
付属のレンズがカビている程度だったので1000円でお買い上げとなった。
SPは絞込み測光だがこれは開放測光ができる。
使う側にとっては至極使いやすい。
絞りを決め、メーターが中央に来るようにシャッター速度を合わせる。
勿論逆でも出来る、必要に応じて被写界深度を確認する。
開放測光を行うのにスクリューマウントではレンズの位置決め精度が制御に左右されるようで、
これ以後にペンタックスはKマウントに変えている。
時代を逆行してペンタックスのカメラを揃えてみるとメーカーの努力を肌で感ずる事が出来面白い物だと思った。

  1. 2005/11/30(水) 20:38:08|
  2. 思ひ出のカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

木田 宏

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。