風景物語のWeblog

「風景物語」の撮影日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪を纏う


雪が降ったばかりの木は白いディティールが美しいです。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/28(木) 22:31:14|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬の川


雪で覆われると変哲も無い川が別の姿になります。
  1. 2010/01/27(水) 23:03:01|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

杉木立の兵


対岸に居並ぶ杉木立の兵隊。
  1. 2010/01/26(火) 21:34:58|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

杉木立に


2010年1月24日
杉木立に違う木があるとついシャッターをきってしまいます。
  1. 2010/01/25(月) 22:03:53|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

風雪


2010年1月17日
雪の降った後の田んぼや野辺を見ると美しいと思うけど、杉木立に着いた雪を見るとやはり厳しいなぁと思います。
  1. 2010/01/22(金) 21:57:06|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

足跡


2010年1月17日
山に行くと足跡があちこちにあります。
2足が平行にほぼ等間隔でついています・・・・・どんな動物なんだろう?
  1. 2010/01/20(水) 22:56:54|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Nikon F4S

F4.jpg
 F4で思い出すのは第46回大会の石川国体(平成3年・1991年開催)の時にプロカメラマンが使用しているのを見て、重量感があり存在感のあるカメラだなぁ、あれと 80~200mmf2.8でセットで持ちたいなぁ。
その当時オートフォーカスも未だ持っていない僕にとって憧れのカメラでした。
F5が市場に出回り、フラッグシップ機の座を譲るようになると中古市場にF4が並ぶようになってきました。
F4は外装がプラスチックで覆われており見た目には少し高級感が損なわれているという事なのか、F5が出てから急速に買い替えが進んだようで、中古市場でも価格がずいぶん下がり購入できたと言う訳です。
F5が出てしまえばAFセンサーはやはり物足りない物になっている事も否めない事からなんでしょう。
しかし、マニュアルの感覚を継承しつつ作られたF一桁シリーズの最初のAF機として市場に出た訳で、地道に改良を重ねていく事でカメラの完成度が高められており、アンバランスな感覚をそのままに、ひたむきに作られていると言った感がするカメラです。
プラスチックの外装と言えど、内部は従来通りのアルミ合金ダイキャストが使用されており、F3では不十分であった防滴構造を採用し、外板のつなぎ目のパッキンから、回転軸部周辺をOリングで固めるなどの対策が行われたのもF4の特徴で、それまでのFシリーズとは一線を画するプロスペック一眼レフとして世に送り出されました。

こんな記事があります。
「1991年6月5日。 長崎県雲仙普賢岳、火砕流災害の前線で写真を撮り続けていた報道カメラマンが火砕流に飲み込まれて亡くなった。 遺体は80-200mmのズームを装着したNikonF4を抱え込むようにしてうつ伏せに倒れていたと言う。右手の人差指し指はシャッターを押す格好のまま。 ものすごい噴煙、火砕流にも関わらず、カメラを守ろうとした写真家魂に家族は涙した。そして遺体と共に引き上げられたカメラにほとんど損傷はなく、装填されていたフィルムも無事であったという。」
20年間もの間製造され続けてきたF3、その後の最新テクノロジーを搭載したF5の狭間に埋もれてしまいがちなF4ですが、このエピソードからもわかるように、NikonFシリーズの質実剛健さが頑なに守られた名機なのです。
FAに搭載されたマルチモードAE&マルチパターン測光、それを進化させて縦位置に構えた時に縦位置センサーで感知させて測光出力が横位置から縦位置に自動的に切り替わる仕組みになっておりその事により測光精度を上げています。
フォーカルプレーンシャッター作動時の運動量を相殺させる為にシャッターバランサーを導入したり、AFセンサーの光学系に付着した塵を除去する為に、マイクロワイパーを設置すると言った開発陣のこだわりが随所に組み込まれています。
操作感は全てダイヤル式で一見複雑そうに見えますが、なれてしまうとマニュアルカメラを使いなれた身にとってはとても使いやすく、後に使い勝手の良さからもう一台購入し望遠と広角との2台体制で使用しました。

 今思えば、オートフォーカス機としてではなく、オートフォーカスも出来るマニュアルカメラと位置づければ全てのニッコールレンズが使えると言う事で、すこぶる楽しみがいのあるカメラなのだと思います。
今一度買いなおしておこうかと思えるほどの名機です。

発売日:    1988年12月
発売時価格: 261,000円
大きさ・重量: 約168.5×138.5×76.5mm 約1,280g(ボディのみ、電池除く)。
  1. 2010/01/16(土) 22:38:20|
  2. 思ひ出のカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山肌


2010年1月4日
植林された杉と落葉樹に咲いた雪の花
  1. 2010/01/07(木) 22:29:43|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

木立


2010年1月4日
杉木立の中に
  1. 2010/01/06(水) 20:45:53|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初撮り


2010年1月4日
今年初めての撮影です。
天気も良く気持ちいいのですが良い撮影ポイントが無くって、時間と共に雪が溶けていく。
いつも走るコースは同じで、何か目新しい物が無いかとただ車を走らせる。

DSC_1849.jpg
さて今年の始まり。
いい出合いがありますように。
  1. 2010/01/04(月) 15:40:22|
  2. 撮影日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

木田 宏

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。